広島平和霊園トップ > お墓の移り変わり
トップページ


お墓の起源

現代における少子高齢化によって、お墓のあり方も移り変わってきました。現在の多種多様なお墓は、どのような変遷を経て変化してきたのでしょうか。

お墓の起源は縄文時代からと言われています。現在のお墓の形ではなく、合同で埋葬される形だったそうです。そんな昔から、人はきちんと死者を敬っていたんですね。

今のような形のお墓になったのは江戸時代頃と言われています。しかし権力者や経済的に豊かな層にしか建てることができず、一般庶民もお墓を建てられるようになったのは、昭和30年代頃からと言われています。

お墓の種類は、現在たくさん出てきています。以下にいくつか種類をご紹介致します。

お墓の種類

個人墓

その名の通り、1人ひとりに対して建立するお墓です。昔は土葬が主流で、亡くなるごとに土葬し、お墓を建立していたそうです。しかしながら、土葬から火葬に変わるにつれて個人墓の数も減少していったようです。自分達の土地にお墓を建てている個人墓地には、この形のお墓がたくさん残っています。

夫婦墓

夫婦二人だけで入るお墓のことです。個人墓についで、こちらもかつては多く建立されていたそうです。現在では少ないですが、夫婦墓を建てる方もいらっしゃいます。個人墓と同じで、個人墓地には少なからずこの形が残っています。

家族墓

火葬が主流になってから、現在まで最も多く建立されている形です。一般的にお墓と聞くとこの形を想像するでしょう。

現在のお墓の形に変わったのは江戸時代からと言われております。ただ現在の様に先祖代々のお墓ではなく個人墓や夫婦墓の形でした。そこからどんどん派生して家族用というお墓が出来上がり、現在のお墓の形に変わってきました。

以前は長男もしくは家を引き継ぐ者にお墓も承継することとしておりましたが、今では認められれば誰でも引き継ぐことができるようになっております。

この家族墓も形がたくさんあり、従来の和型から洋型、デザイン墓等など数多くのお墓の形があります。特に洋型やデザイン墓は特に形に決まりが無いため、個性を出せることで人気な形です。

またお墓の管理の問題や費用面でお墓の建立が難しくなったり、無宗教の方も増え、お墓を持たない考えの方も出てきました。

そのような方達が増えてきてお墓がどのように変わっていったのかを以下にみていきます。

両家墓

苗字の違う一族二つが入れるお墓です。あまり聞き馴染みが無い言葉かもしれませんが、実は昔からある形です。

「娘しかおらず家を継ぐものがいない」「両親だけのお墓を建てても、後の世代が守れるかどうかわからない」との思いから、両家が一つのお墓に入って受け継いでいけるようにした形です。

合同墓、共同墓

永代供養の前身と言われている形で、他人同士で入る集合型のお墓です。血縁に関係なく、様々な方を一緒に埋葬するお墓で、無縁仏、無縁墓にならないことがメリットとして上げられます。しかし一度合祀するとお骨を取り出すことができない、ご家族様にとっての心の拠り所と感じる事が出来ないなどデメリットも存在します。そのような理由もあり、ここから永代供養も様々な形に派生していきました。

納骨堂

屋内に納骨する場所があり、天候に左右されずお参りができる形です。

永代供養をしてくれるところもありますが、大体が期限を設けていて、契約を更新しないといけない場合もあります。仏壇型やロッカー型と種類も様々ですが、費用も様々で割高になる場合もありますので、事前に確認が必要でしょう。ロッカー式のタイプについては、人によって考えも様々ですので、親族の中で抵抗を感じる方も少なからずいる場合もあり、事前に話し合いが必要です。

海洋葬、散骨

故人が海が好きだったなど、自然志向の方に支持されている納骨の形です。どこに行っても海を見れば故人様を思い出すことができると、徐々に認知度が上がっている埋葬方法です。自然に還ることは樹木葬と同じ考えですが、残された方が手を合わせる場所が無い、お墓参りするには船をチャーターする費用がかかる等デメリットがあります。

樹木葬

最近、注目を集めてきているスタイルの埋葬方法です。日本では1999年頃から始まったとされています。

埋葬した場所に苗を植える方法や、一本の木を中心に周りに埋葬する方法など、様々な形が増えてきています。墓石よりも安価で、生前に自分が入るお墓としてご準備される方や、墓じまいをして樹木葬に切り替える方も増えてきております。

なぜお墓ではなく、このような形が増えてきているのか

「埋葬の本来の姿である自然に還れる」「お墓を守れるか将来が不安」など理由も様々ですが、やはり少子化に伴い「お墓の管理が難しくなってきている」「家族に負担をかけたくない」という考えの方が増えてきているのが一番の理由です。

お墓の文化というものは現在まで残っておりますが、守っていく人が段々と減ってきているのが現状です。しかしながら故人様のことを思い、何かしらの形で供養をしたい。その気持ちが様々なスタイルの変化の源にあると思います。

広島平和霊園でも一般のお墓から樹木葬まで様々なニーズに合わせてお墓をご用意しています。中でも「樹木葬」という形に力を入れており、お一人様用からご家族様用まで、ご希望に合わせてご案内させていただいております。

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP | 施設のご案内 | 墓地区画 | おまいりバス | ご葬儀のご案内 | お墓の知識 | アクセス | 献花販売 | お問い合わせ | 霊園概要